京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

  • 件 (全件)
  • 1

アトピーの注射 デュピルマブ(デュピクセント)

【よく効くのに内臓への負担がない】 注射のデュピルマブ(デュピクセント)は、 激しいかゆみと激しい発疹を速やかに良くします。最初打つと3日目から楽になり始め、2週間ごとに注射を続けると、4か月の時点で発疹が1割まで減る人は4割弱。優れた効果に加え注射なのに肌がしっとりし、内臓への負担や抵抗力を落とす副作用がないのも特長です。15才から使え、未成年の方は保護者とご一緒に受診してください。注意する点としては、喘息治療中の方は、注射開始後一時的に喘息の症状が無くなっても内科受診を止めずに続ける必要があります。また、注射を始めて何か月もたってから結膜炎になることがあります。多くは一時的な目のむずがゆさ程度の軽さですが、まれに目が赤くなりゴロゴロし眼科にかかっても何週間も治らないこともあります。
最初の1回でぐんと良くなり、2回目はそれ程良くならず、3回目は『これ以上良くならない』と感じる効き方をします。良くならない部分は、ステロイドとタクロリムスの塗り薬を使い分けて治します。

【よく効くが対症療法】 良く効きますが、対症療法であり病気を根本から治す薬ではありません。このため、2割の皮疹は良くなり切らず、塗り薬の併用が必須です。

【注射を打てる条件】 注射を打つには、顔や首あるいはある程度の範囲に激しい皮疹があり、適切な外用療法が施されているといった皮膚科学的要件を満たす必要があります。このような条件を満たさないと、激しい症状があっても受診当日に注射を打てず、条件が満たされるのを待って後日注射をすることもあります。
厚生労働省の最適使用推進ガイドラインに従い、日本皮膚科学会のガイドラインに準拠した標準治療を受けていることが必須です。提供されていない場合は、標準治療をご説明しますので、その旨をお申し付けください。

【受診当日に用意するもの】 塗っている薬の名前が分かるものをお持ちください。薬手帳、薬局でもらった説明書、無ければ今あるチューブや容器でも結構です。予約は不要で、条件を満たせば受診当日に注射しています。注射ができるかどうかなど、電話でのお問い合わせにはあいにく応じておりません。​

【注射は痛いか】 思ったほど痛くなかったという人が多いように感じますが、同じ人でも痛い日が稀にあります。どういうときに痛みが強いかはっきりしませんが、冷蔵庫から出してすぐ注射するのと、室温に戻してからと何人かの人で比べたら、痛さは同じとほとんど方が答えましたので温度は痛さにそれほど影響しないようです(注射を室温に戻してから打ってもらいたい方は、診察券を受付に出すときにその旨お伝えください)。インフルエンザの予防接種と同じくらいの痛さだと思いますが、それより薬の量は多く打っている時間は長いです。多くの人は腕に打ちますが、おへその回りが良いという人や、太ももが良いという人もいます。打つ場所はこの3か所と決まっています。

【高額な薬代】 費用は、2週ごとの注射代は3割負担の方で1回約2万円、初回のみ2倍の量を投与するため約4万円かかります。ご加入の健康保険によっては、付加給付により自己負担額の一部が戻ってきます(詳しくはこちらをご覧ください)。カードはあいにく扱っておらず、お支払いは現金のみです。

【注射はいつまで打つか 始めた高い注射を止めるため、2週ごとに注射し薬も塗って下さい】 2週間毎の注射と全身の塗り薬を6か月間続けたら注射を止めるか検討しましょうと、厚生労働省の最適使用推進ガイドラインにあります。一旦やめても再開できますし、再開してもそれまでの注射は無駄にはなりません。注射を止めるには、楽になっても2週間の注射間隔を空けず、良くなっても以前発疹のあったところにはタクロリムスを、残りの部分は保湿剤を全身に塗り続ける必要があります。良くなってもそれは見かけだけで炎症は潜在し残っていますので、注射の間隔を空けたり薬を塗らないと止めると出てきます。
 注射をする前より楽だからといって注射の間隔を3週間や1か月に1回に延ばしたり、かゆくないからといって良くなったところに薬を塗らないと、いつまでたっても注射を止められずに高いお金を払い続けることになります。実際、2週毎に注射だけを1年続けても徐々に良くはなりきらず、2割の皮疹は残ったままです。
 注射1本66,000円の7割は、しばしば指摘されますが税金などで賄われています。このような医療制度をもつ国は日本だけで、海外では国が保険適応を認可しないか、デュピルマブ(デュピクセント)をカバーする掛け金が高額な医療保険に個人で加入するか、全額自腹を切らないと受けられない治療です。「健康な毎日を過ごせるように」、との願いの込められた限りある公的資金を賢く使いたいものです。

【自己注射による治療の効率化】 ご自身や家族が自宅で注射する自己注射により、通院頻度を減らせるため多くの方が活用しています。診察室でできるまで練習し、必要な資材は無料で提供します。自己注射の開始時期は医師が判断し、塗り薬により発疹がほどんど良くなった頃が目安です。注射は処方箋を使って調剤薬局で受け取り、注射薬は専用の保冷バッグにいれて持ち帰ります。このとき、調剤薬局は一旦取り寄せると返品できない注射を、患者さんが取りに来ず損失となることを恐れますので、行きつけの調剤薬局に取り寄せてもらえることを事前にご自身でご確認下さい。塗り薬は、2か月もつだけの量を処方します。
 受け取った注射は冷蔵庫で保管しますが、常温で長期間放置しない限り効果は失われないようです。建物の点検などで停電が予定される際は、念のため保冷剤で冷やしておいて下さい。一旦受け取った薬剤の返品は、天災を含め理由の如何にかかわらずお受けできませんことを予めご了承ください。
病変部位の状態に応じて抗炎症外用剤を併用し、保湿外用剤を継続使用し、疾患の患者に対する診療を日常の診療において行っていることが自己注射の条件と明記されています。


【病院をかえるときは紹介状をご用意しています】 引っ越しなどで別の病院でデュピルマブ(デュピクセント)を継続する際は、診療情報提供書(いわゆる紹介状)を当院では書いています。次かかる病院が、薬代を保険請求するのに『投与開始時の、治療要件と疾患活動性の数値』を必要とするからです。

【デュピルマブ(デュピクセント)ほど高くない、激しい症状用の飲み薬】 1週間約1,500円とより手ごろなシクロスポリンも、塗り薬で良くならない辛い症状に効果があります。3~5日飲むと効果が実感できますので、その後は毎日飲むことも、悪い時だけ飲むこともできます。副作用として腎臓への負担と高血圧がありますが、40歳代までの方が数週間飲んで副作用が出ることはまずありません。また、菌への抵抗力は弱める方に働きますので、風邪気味だったり体調が悪い時には止めてください。このようなときに飲み続けると、突然38℃の熱が出たりします。毎日3か月連続して飲んだら2週間休むよう勧められています。飲み薬のシクロスポリンから注射のデュピルマブ(デュピクセント)に変えることも、その逆もできます。

● アトピーについて詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎に10年ぶりの新薬 その実力は? 日経ヘルスUP

アトピー性皮膚炎は注射でかゆみを劇的に軽減 10年ぶり「新薬」の実力とは? Aera.dot

難治アトピーに初のバイオ医薬品 適切な治療法、改善への第一歩 産経新聞

アトピー新薬の効果高いが…未来を変えるアンメット・メディカル・ニーズ最前線 日経ヘルスUP

アトピーと生きるということ 「心の持ちよう」という薬(生後2か月からアトピーの記者の手記) 朝日新聞

アトピー新薬を記者が使う 生活は改善も高い注射代 日経スタイル
 

2019-02-20 16:00:27

折りたたむ

アトピーを悪化させた少女のストレス

アトピーでかかった少女は、終始物分かりの良さそうな面持ちだった。一緒に診察室に入ってきたお母さんが、『なぜ治らないのか』としかりつけるような口調なのとは対照的だった。非難しているのは、病気を治せない医師の無力さとも、医学の無力さとも聞こえた。矛先を向けられた私が、たじたじになりながら病気の説明した2週間後、少女は一人でやってきた。あれ程ひどかったアトピーは、うそのように良くなっている。『今日はお母さんと一緒じゃないの』と聞くと、『お母さんとお父さん、離婚した』と短く答えた。人知れず、アトピーが悪くなるほどのストレスを一人で抱えていたのだ。それを伝えに来たのだろうか。

2018-11-07 21:40:44

折りたたむ

アトピーの乳首のかゆみ

 乳首のかゆみやカサカサ、浸出液によるジクジクや痛い亀裂、切れ目は皮膚炎ですので、ほかの部位と同様にステロイドを塗って良くした後、繰り返さないようタクロリムス(プロトピック®)や保湿剤、ワセリンなどを長期に塗り続けて正常な状態を保ちます。ステロイドは標準治療であるベリーストロングの強さを選びます。リンデロンV軟膏等ストロング以下の強さでは、調子が良くなったように感じても治らず問題解決に至りません。男性はこれでうまくいきます。
 女性がこの方法で良くならない場合は、次のように工夫します。まず、乳頭が擦れにくくなるよう下着は2サイズ大きくします。そして、厚めのガーゼなどの中央を丸くくり抜き、空いた穴に乳首が埋まるよう当てます。洗剤のキャップで乳首を覆い、成功した人もいます。弱い力ながら擦れたり圧迫されることが原因ですので、そのような環境を改善するよう工夫すればよくなります。VIOのかゆみもステロイドでよくしてタクロリムスで再発を防ぎます。
 ジクジクは化膿ではなく、激しい炎症による浸出液です。この症状や塗り薬により、乳腺に将来にわたり影響することはありません。タクロリムス(プロトピック®)は授乳中に使わないと注意書きにありますが、国立成育医療研究センターのサイトでは「授乳中に安全に使用できると考えられる薬」とされています。
 アトピーについて、詳しくはこちら

2018-06-04 07:18:33

折りたたむ

アトピーの色素沈着

 アトピーの首や肘の内側などのくすみやシミを、治った後の取れなくなった色素沈着と誤解していませんか。アトピーのくすみが日焼けの跡と違って自然と消えないのは、かゆみをはっきりと感じない程度の弱い炎症が持続しているからです。日焼けや火傷、ニキビの茶色い跡が1年前後かけて分からなくなるように、アトピーの褐色も塗り薬で炎症のない状態を作り続けると良くなります。
 色素沈着の原因である弱い炎症には、タクロリムス軟膏(プロトピック軟膏®)が効果的。ずっと塗ってもステロイドの様な副作用は出ません。2週間ほど塗るとうっすらとクスミが明るくなり、半年、1年と塗り続けると色素沈着は目立たなく、分かりにくくなります。このときのポイントは、べとべと広めに塗ること。ほとんどの方の塗り方は薄く、あるいは保湿剤と重ねて塗っており、それだと有効成分が十分に肌に届かず、思っているような効果は得られません。顔と首、腕と上半身の広い範囲に塗りますと1日1本使いますので、1か月に30本塗って良くする方もいらっしゃいます。タクロリムス(プロトピック®)は全身どこにでも塗れ、まぶたはその効果を実感しやすい場所です。まぶたの皮膚は薄く薬の吸収が良いからで、くすみと小じわが取れて目元がすっきりします。そして、髪の毛が触れてもチクチク痛痒くなくなり、無意識に手が行かなくなります。タクロリムス(プロトピック®)を塗ったところが火照ったりかゆくなるときは、ザラザラしたり赤みをステロイドであらかじめ良くしてから使います。
 色素沈着は、ステロイドを塗って日に当たったからなったわけではありません。治療が中途半端であったり、全く治療しなかった場合に見られる現象です(厚生労働省研究班「アトピー性皮膚炎の既存治療法のEBMによる評価と有用な治療法の普及」一般向けQ&A)。
 アトピーについて詳しくはこちら

アトピーを蒲田の皮膚科で治す

2018-04-01 06:40:43

折りたたむ

赤ちゃんの顔の洗い方

 生まれた我が子が産院から家に来ると、それまでの生活が一変します。お風呂で、体、特に顔や頭を洗うのも戸惑ってしまいます。後頭部までは洗えますが、頭の前の方や顔は、石鹸が目に入りそうで。こんな時、看護師監修の赤ちゃんの洗い方が役立ちます。石鹸をクリームのように泡立てるのがコツだそうで、そうすると顔も洗えるというのは皮膚科医の私も初めて知りました。耳の裏は意外と汚れやすいので、餃子のように耳を前に倒してしわを伸ばして汚れを洗い流してください。生まれたての赤ちゃんはコロコロしているので、首の奥まで指を入れたり、腕を上げてわきの下のしわを伸ばさないと汚れが残りやすいことに注意します。夏、汗をかっきぱなしにしておくと誰でも首回りなどがかゆくなるように、古くなった汗や皮膚の脂は皮膚炎の原因となりますので、肌の健康ためには石鹸を使って洗うことは大切です。


赤ちゃんの洗い方
 

2017-04-03 17:55:20

折りたたむ

大きなサイズの塗り薬

塗り薬を広い範囲に塗るのに、小さなチューブでは要領を得ないことがあります。保湿剤のチューブは20gや25gを多く見ますが、広範囲に塗る方には100g瓶が好評です。アトピー治療薬であるプロトピック(タクロリムス)は、海外では最低が30g入り、60g、100gといった歯磨きチューブの様なものが使われています。日本では5gチューブしかありませんので、10本、20本といった具合に1回に処方する本数を増やして治療しています。

海外の大きなプロトピック
海外の大きなプロトピック

大きなジャー入りの保湿剤
日本の100g入り保湿剤

2017-04-03 17:30:35

折りたたむ

アトピーを治療する子供のつぶやき

 『わたしだけ、なんでかゆいんだろう。』 これは、保育園に通う女の子の声です。この子は、夜中になるとかゆみで目が覚め、隣に寝ているママやパパに背中をさすってもらっていました。治療により夜中に親が起こされなくなりましたが、最初にご両親にお会いした時は夜眠れずお二人とも疲れ果てていました。
 『早く治したいから、また(病院に)来たい。』と言ったのは、小学生の女の子でした。
 かゆみが取れた男の子は、私が『誰が、薬を塗って治してくれたの。』と尋ねると、黙ったまま振り向き、後ろに立つお母さんの顔をつぶらな瞳でしばらく見つめていました。
 この3つのエピソードは、いずれもアトピーが大人と同様に子供にも負担となっており、また親を頼りにしていることの表れです。アトピーの子の背中に薬を塗ってあげようとすると、子供はシャツをまくって椅子に座る親の膝の上に覆いかぶさり、薬を塗りやすい姿勢をとります。早く治したいのでしょう。

Blog:プロトピック:20世紀の皮膚科3大発明の一つ
Blog:大人もなるようになった 子供の病気だったアトピー

2016-09-21 20:12:59

折りたたむ

タクロリムス:20世紀の皮膚科3大発明の一つ

 アトピー性皮膚炎治療薬であるタクロリムスを、ステロイドや光線療法と並ぶ20世紀の皮膚科3大発明の一つと呼んだのは、百科事典の様に厚い皮膚科の医学書を編集したアメリカの著名な皮膚科医です。その開発名はFK506。そのアメリカ人の大御所、『Fは開発した日本の製薬会社、藤沢薬品のF、506はロットナンバーというのはすぐ分かるが、Kは何の略か。』とお尋ねになりました。Kとは開発の頭文字だそうで、アメリカ人には見当もつくはずがありません。
 アメリカでは新薬の認可にあたって、その薬を使った患者さんが公聴会で実際に使ってみた効果を話すんだそうです。アトピーの子をもつアメリカ人のお母さんは、アトピーで荒れた我が子の肌がきれいになった様子を話し、タクロリムスを『Life-changing drug(人生を変える薬)』と表現したそうです。タクロリムスのチューブの大きさは日本には5gしかありませんが、海外の規格は歯磨きチューブの様な30g、60g、100g入りであり、それぞれ5g換算で6本、12本、20本に相当します。タクロリムスで子供のアトピーを良くしたある日本のお母さんは、『塗りたくったら良くなった』と言っていましたが、その表現の適切さは横に置いておいて、良くなるタクロリムスの塗る量というのは意外と多いのかもしれません。ヨーロッパでは、アトピーの症状が消えた後もぶり返させぬよう、タクロリムスを週に2回塗る維持療法が行われており、かゆみや赤みが出たら1日2回塗って治しています。それにしても、日本で開発された薬が海外で先に認可され、より効果的に使われているというのは何とも皮肉な話です。
 一旦良くなったかゆみや皮膚炎を繰り返しにくくする、それまでの治療薬であるステロイドには無かった効果を持つタクロリムスは、20世紀のアトピーの治療を大きく前進させたのです。

Blog:アトピーを治療する子供のつぶやき
Blog:大人もなるようになった 子供の病気だったアトピー 

2016-08-20 17:11:20

折りたたむ

大人もなるようになった 子供の病気だったアトピー

 小児や青年にみられるアトピー性皮膚炎は、半世紀前までは子供の病気でした。その後、発症率は昔と変わりませんが、徐々に自然に治る年齢が遅くなり、約30年前にはそれまでなかった、成人型アトピー性皮膚炎という言葉が生まれました。それとともに、以前よりも激しい症状の人が増えたとも言われています。
 同じ病気なのに、菌等でうつり流行する病気でもないのに、なぜこのようなことが起こったのでしょうか。原因の一つに、社会が衛生的になり栄養状態も良くなったことが大きく関わっていると考えられています。過去を振り返ると、鼻水を垂らしてけん玉に興じ、結核が国民病と呼ばれていた時代が数十年前にありました。その後、所得倍増計画とそれに続く高度経済成長により、生活レベルは飛躍的に向上したわけです。その結果、それまで忙しかった体の中の免疫システムは感染症に巡り会う機会が減り、持て余した免疫力で不必要な反応をするようになってしまいました。すなわち、皮膚炎を起こしてアトピーになったり、気管支を収縮させて喘息になったり、鼻や目の粘膜が炎症を起こして花粉症を起こすようになったと考えられています。実際の発病の仕組みはもっと複雑で、複数の要素が絡み合って症状を起こしているようです。
 アトピーは、一見正常でも皮膚のバリア能が損なわれた敏感肌と、かゆくなり易いかゆみ過敏の状態を併せ持った病気で、遺伝的背景にいくつもの環境因子が重なり合って発症します。遺伝的背景だけでも、環境因子だけでも発症することはありません。痒い皮疹の起こる肘の内側や膝の裏だけに、アレルギーが起こってなる病気とは思えません。ダニや卵などのアレルギーだけでなり、それを避けさえすれば治る病気ではないのです。いずれは治りますが、繰り返すかゆみと皮疹、塗り薬を塗る手間は、小児では家族にも負担がかかり、社会を担う青壮年層の生活の質を損なうことが問題となっています。

Blog:アトピーを治療する子供のつぶやき
Blog:プロトピック:20世紀の皮膚科3大発明の一つ
ネット診察室|アトピー性皮膚炎

2016-08-18 12:06:46

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1