京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655 予約不要

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  アレルギー»  口の中がイガイガする果物アレルギー

口の中がイガイガする果物アレルギー

口の中がイガイガする果物アレルギー

 ラテックス・フルーツ症候群とは、栗やキウイ、桃などの果物を食べると口の中がイガイガするアレルギーの一種です。これら果物と植物の抽出成分であるゴムからなるラテックスは、へべインという共通した成分を持っています。このため、果物を食べた時に口の中がイガイガする場合は、ラテックスからなるゴム製品と反応しないか注意します。血液検査でゴムのアレルギーの原因成分やリンゴ、モモ、キウイなどとの反応を調べられますし(1項目330円)、より信頼性の高い検査として果物エキスを皮膚こすりつける皮膚テストが行われています。
 過去には、病院で使う手袋や点滴チューブなどにはラテックスが含まれていましたが、現在は医療器具のほとんどにラテックスは使われなくなりました。

Blog:豆乳アレルギー:カバノキ科の花粉症が原因、果物アレルギーのある人は注意:国民生活センターより

2016-08-18 12:10:25

アレルギー