京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  アトピー性皮膚炎»  タクロリムス:20世紀の皮膚科3大発明の一つ

タクロリムス:20世紀の皮膚科3大発明の一つ

タクロリムス:20世紀の皮膚科3大発明の一つ

 アトピー性皮膚炎治療薬であるタクロリムスを、ステロイドや光線療法と並ぶ20世紀の皮膚科3大発明の一つと呼んだのは、百科事典の様に厚い皮膚科の医学書を編集したアメリカの著名な皮膚科医です。その開発名はFK506。そのアメリカ人の大御所、『Fは開発した日本の製薬会社、藤沢薬品のF、506はロットナンバーというのはすぐ分かるが、Kは何の略か。』とお尋ねになりました。Kとは開発の頭文字だそうで、アメリカ人には見当もつくはずがありません。
 アメリカでは新薬の認可にあたって、その薬を使った患者さんが公聴会で実際に使ってみた効果を話すんだそうです。アトピーの子をもつアメリカ人のお母さんは、アトピーで荒れた我が子の肌がきれいになった様子を話し、タクロリムスを『Life-changing drug(人生を変える薬)』と表現したそうです。タクロリムスのチューブの大きさは日本には5gしかありませんが、海外の規格は歯磨きチューブの様な30g、60g、100g入りであり、それぞれ5g換算で6本、12本、20本に相当します。タクロリムスで子供のアトピーを良くしたある日本のお母さんは、『塗りたくったら良くなった』と言っていましたが、その表現の適切さは横に置いておいて、良くなるタクロリムスの塗る量というのは意外と多いのかもしれません。ヨーロッパでは、アトピーの症状が消えた後もぶり返させぬよう、タクロリムスを週に2回塗る維持療法が行われており、かゆみや赤みが出たら1日2回塗って治しています。それにしても、日本で開発された薬が海外で先に認可され、より効果的に使われているというのは何とも皮肉な話です。
 一旦良くなったかゆみや皮膚炎を繰り返しにくくする、それまでの治療薬であるステロイドには無かった効果を持つタクロリムスは、20世紀のアトピーの治療を大きく前進させたのです。

Blog:アトピーを治療する子供のつぶやき
Blog:大人もなるようになった 子供の病気だったアトピー 

2016-08-20 17:11:20

アトピー性皮膚炎