京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655 予約不要

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  ウイルス»  帯状疱疹の予防ワクチン

帯状疱疹の予防ワクチン

帯状疱疹の予防ワクチン

 60歳以上の方は、帯状疱疹の予防ワクチンを打つメリットがあるとされています。帯状疱疹は80歳までに3人に1人がかかるとされ、50才以上の約2割の方が3か月以上続く痛みに悩まされるからです。
 もし帯状疱疹になったら、早目に薬を飲むことは良いことですが、特に高齢者はこの飲み薬だけでは残念ながら激しい痛みの発生率は減らせません。明け方目が覚めるような痛みや、1時間に何回か襲ってくる痛みに、肩や腰の痛みに使う痛み止めが効かない場合は、飲み薬の種類を変更します。このような薬は痛みの程度や年齢、体重などによって量を加減し、効果が得られ痛みを忘れて毎日過ごせるようになったら、徐々に薬を減らし止められるところまで持って行きます。
 後遺症として恐れられている帯状疱疹の痛みの発生率は、この予防ワクチンにより半減します。このワクチンは2016年に、以下の通り公的に使えるようになりました。既にアメリカでは10年以上の使用経験があり、2006年から60歳以上を対象に、2011年からは50歳以上に対象が広げられました。帯状疱疹の予防ワクチンは、水ぼうそうのワクチンと同じです。安全性は高く、現在は、1歳になると全ての子供がこのワクチンを打っています。

◆ ワクチンを打てる方
  50歳以上の方。現在、ステロイドや免疫抑制剤を飲んでいる方は打てません。
◆ 効果
  帯状疱疹の発症率は半減し、発症しても症状は軽く済みます。
  3か月以上続く痛みの発症率は、6割以上減ります。
  効果は10年もちます。8年を越えると無くなりはしませんが、帯状疱疹と激しい痛みを起こしにくくする効果は多少落ちます。
◆ 副作用
  注射部位の発赤(約44%)、腫れ(約17%)。
  いずれも、インフルエンザのワクチンのように自然とひきます。
◆ 費用
  7,000円(診察代込み)。予約不要。

 帯状疱疹 
 帯状疱疹の予防 NHK
  帯状疱疹後、痛みが続くのは? 朝日新聞
 帯状疱疹、痛み我慢せず後遺症予防を 朝日新聞
 帯状疱疹 ワクチンで予防 日本経済新聞
 Blog:真田丸に出ている帯状疱疹

2017-02-13 12:05:30

ウイルス