京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  ウイルス»  帯状疱疹の予防ワクチン

帯状疱疹の予防ワクチン

帯状疱疹の予防ワクチン

 帯状疱疹は80歳までに3人に1人がかかる、よくある病気です。この病気は痛いのが厄介で、50才以上の2割の方で痛みが3か月以上続きます。突然の激痛が1時間に何回か襲ってきたり、明け方痛みで目が覚めるのは辛い、となった人は訴えます。帯状疱疹の飲み薬はありますが、この薬を早めに飲んでも特に高齢者は激痛の発生率を減らせません。しかし、2016年にワクチンが使えるようになり、帯状疱疹は予防できる病気になりました。
 予防に勝る治療は無い、との考えが医学界にはあります。ワクチンは激痛の発生率を半減させますので、痛くなってから病院に行くより、先にワクチンを打った方が楽とも考えられます。このワクチンの恩恵には既に多くの人があずかっており、日本に先立つ2006年からアメリカでは使われています。安全性は高く、帯状疱疹のワクチンは、1歳になると全ての子が打っている水ぼうそうのワクチンと同じものです。効果と安全性の高さより、専門家は60歳以上の方への接種を勧めています。

◆ ワクチンを打てる方
  50歳以上の方。ステロイドや免疫抑制剤を飲んでいる方は打てません(この様な方も打てるワクチンが別に承認されました)。
◆ 効果
  帯状疱疹の発症率は半減し、発症しても症状は軽く済みます。
  3か月以上続く痛みの発症率は、6割以上減ります。
  効果は10年もちます。8年を越えると無くなりはしませんが、帯状疱疹の発症率を減らす効果と激しい痛みを起こしにくくする効果は多少落ちます。
◆ 副作用
  注射部位の発赤(約44%)、腫れ(約17%)。
  いずれも、インフルエンザのワクチンのように自然とひきます。
◆ 費用
  7,000円(診察代込み)。予約不要。

 帯状疱疹ワクチンの導入について 国立感染症研究所
 帯状疱疹、痛み我慢せず後遺症予防を 朝日新聞
 帯状疱疹 ワクチンで予防 日本経済新聞
 

2018-11-03 18:39:04

ウイルス