京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  季節の皮膚病»  花粉症には早めの飲み薬が効果的

花粉症には早めの飲み薬が効果的

花粉症には早めの飲み薬が効果的

 花粉症を含むアレルギー性鼻炎は、子供を含め4割の人が持っており増加傾向にあります。花粉症(アレルギー性鼻炎)には、普段飲み慣れている薬や、眠くならないものをお選びいただけます。薬を飲んでも鼻水やくしゃみが止まらないときは、1日1回のスプレータイプの点鼻薬が効果的です。激しい症状には、花粉は飛散予測日前から少量飛んでいますので、症状が出る前の1月から薬を飲み始めると良いとされています。また、まぶたのかゆみ(スギ花粉皮膚炎)には塗り薬があります。
 アレルギー性鼻炎の体質を改善する方法として、原因のスギまたはダニエキスの入った錠剤を1日1回口の中に含む、舌下免疫療法というのあります。根本的な作用が特長ですが治療には3年から5年かかり、開始翌年から花粉症シーズンの症状が年々軽くなります。5年間続けて止めたら、その効果は5年間続きました。効果が切れても再び始めれば、翌年には効果が表れます。舌下免疫療法は5歳から受けられ、当院では中学生以上を対象に施行しています。
 花粉症の原因は2月から5月にかけて飛散するスギが有名ですが、ほぼ同じ時期に飛散するヒノキやハンノキが関与することもあります。秋の花粉症はブタクサ、ヨモギが原因としてあげられ、ダニが原因の場合は1年を通して症状が出ます。
 花粉症に関係する特殊な症状としては、豆乳アレルギーが、北海道や高山に生えるシラカンバや、ハンノキに対する花粉症によって引き起こされることもあります。これら花粉症の原因は、血液検査で調べることが出来ます。


2017-01-26 08:36:18

季節の皮膚病