京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655 予約不要

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  その他の皮膚病»  魚の目の芯を取ってみたら

魚の目の芯を取ってみたら

魚の目の芯を取ってみたら

 歩くと痛い魚の目を、芯を取って治そうとして皮膚科を受診される方は少なくありません。しかし、皮膚に出来る魚の目の原因は、不自然にその場所に加わる外力や自覚できない程度に鈍くなった感覚、骨とその周囲の組織の変化といったいずれも皮膚以外にあり、取り切れずに残っている芯や根があってそこから出てくるわけではありせん。魚の目を繰り返す皮膚自体は正常なので、たまたま狭い靴を履いて出来た魚の目は、削れば繰り返すことなく治ります。しかし、削っても繰り返し出てくる魚の目を治すには、今履いている既成の靴が足に合っているか皮膚科医以外の専門家にみてもらう必要があります。なんでも、既成の靴が足に合うことは殆どないそうで、確かにオーダーメードの靴を作った方は魚の目が良くなります。このように、魚の目の治療にはまだ工夫の余地が残されているように私は個人的に感じています。靴を履く歴史が日本よりも長い西洋においてはどうかというと、足病医という専門の医療従事者が、医師や歯科医のようにいて対処しているそうです。足病医の守備範囲は広く魚の目だけにとどまらず、リウマチなどの病気による足の変形や、糖尿病や動脈硬化などで足の血管の通りが悪くなり生じる様々な症状も診るようです。
 実際には、再び痛くなる前に、魚の目を当院を含めた医療機関で月に1回程度定期的に削っている方は少なくありません。表題の魚の目を切って取ってもらった人は、再発しました。

Blog:パンプス・ドレスシューズと魚の目

魚の目(皮膚科で取れない痛み対策)

皮膚科で削る以上の対処をお考えの方は、下記も参考にされて下さい。
 仕事でヒールを履き、歩くと足の親指の裏が痛みます。日本靴医学会
 足のケア「外反母趾」 NHK 今日の健康
 気になる足のトラブル 外反ぼし&足底けん膜炎 NHK チョイス
 女性の靴の悩み 解決法 NHK 生活情報ブログ
 靴選びについて(パンプスを履かなければならず辛い毎日ですetc) 日本靴医学会

2016-08-18 12:05:21

その他の皮膚病