京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  ウイルス»  『水イボを、みてもらってきてください』と言われまし

『水イボを、みてもらってきてください』と言われまし

『水イボを、みてもらってきてください』と言われまし

 『(水いぼが)うつるものかどうか、水遊びができるよう、みてもらってきてください』とほのめかされたが、どうしたらよいかと相談を受けることがあります。水いぼはウイルスが原因で、幼児が集団で生活すると知らずにうつし合っている、あっても何か月も気づかないこともある、誰でもかかりうるごくありふれた症状です。原因ウイルスに効く薬は無いため、一時的に数が増えても自然と治るのを数か月から1年前後かけて待ちます。水いぼがあってもプールは入れるとする公式見解がありますし、小児科学会は『自然治癒傾向があり放置してよい』としていますが、実際の対応は施設によって異なり、何も言われないところから、取らないと水遊びができなかったり、プールに入れてもらえないところまであります。様々な相談を受けますが、ある園医が『治りにくいことがあってもそんなに心配することは無い』と言っているように、水いぼは感染してはいけない特別な病気ではありません。ましてや、お子様の水いぼがお友達にうつしうつされ迷惑をかけ合うなどという考えは、地震で動物園からライオンが逃げたというfake newsのような決して同調してはならない誤解に過ぎません。そのような誤解は、医学や公衆衛生学が進歩し、洗練された道徳と高い倫理感が社会に行き渡った今日にあろうはずなどないのです。
 事の始まりは園で、『水いぼがあると困る』と感じるニュアンスのことを言われ、『水遊びができるようにこうして下さい』とは言われないのでどうしたらよいか病院に聞きに行きます。しかし、医師は『放置してよい』と何の役にも立たないこと言うので、親は困り果てるというわけです。これを解決するには防水テープを貼ればよいのか、ラッシュガードを着ればよいのか、取らないと駄目なのか、おかしいとは思いますが親が園に忖度する以外ありません。
 このようなおかしなことが起こる背景には、あってはならぬことですが、我が子に水いぼがうつらぬよう厳格な感染対策が必要との根拠のない誤解があります。そのため園としては、他の保護者から苦情が来ない対策を講じることを最優先課題にせざるを得ないのです。保護者をなだめる辛い立場に保育者はあるのです。そして賢明なるsilent majorityである多くの保護者は、不条理と感じながら波風をたてぬよう言われたことに従っているのです。このような事態収拾を図ろうと、厚労省の感染症対策ガイドライン見直し検討委員も歴任した上述の園医は、『保護者の方が水いぼは取ってきてほしい、一緒にプールに入りたくないということなら、その親御さんの子どもが(プールに)入らなければ済む話ではないか。ラッシュガードを徹底する保育園もあるが、そこまでやらなくてもよろしいのではないか。ビート板を介してうつる可能性はあるかもしれないが、一般的に少ないと思う』と発言しています。全くもってその通りとしか、お答えのしようがありません。
 過去には水いぼは取らないと水遊びをさせてもらえなかった時代があり、今でも事情により保護者が取ると決めた場合は、麻酔のテープを貼って当院では取っています(お顔はお願いされても取っていません)。ただし、当時も、『肌から血が出る様な可哀想なことはことはさせたくない』とする親御さんは多かったように思えます。最近は減りましたが、どこの病院に行っても治らず、水遊びをさせてもらえずひと夏を過ごす子供を抱えて、何とかならないかと夫婦であるいは祖母と一緒に来院される方を、私は毎年夏になると診察してきました。
 水いぼは放置して良いにもかかわらず、今に至るまでその対応は医師や園、時代により異なり変わってきました。肌の触れ合うのが前提の幼児の集団生活において、水いぼを取ったりプールの時だけ覆って隠してみたが新たに水いぼになる子がいたため、感染防止効果のはっきりした、自信をもって勧められる方法がないことは医師も保育者も良く知っています。それなのに、決め手に欠く方法の不毛な議論が続いているのは、うつることに対する根拠のない不安と誤解に振り回されているだけなことに間違いありません。うつると問題視するのが、人目にさらされる夏の間に限られるのも誤解の現れです。水いぼは集団生活を送れば避けられず、病院で数少ないうちに取らなかったからなったのではなく、ましてや園に責任があろうはずなどないのです。
 『水いぼがあるとプールに入れないのですか』と疑問を抱く保護者の方は少なくなく、ごもっともではありますが、残念ながら医療機関として個別のケースごとに保護者の方の後ろ盾になり、プールにいれてもらえるよう園と交渉はしていません。園が、公にはできない上述のような事情をかかえているかもしれないからです。
 

2019-03-24 09:24:29

ウイルス