京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  ウイルス»  手足口病は登園できますか

手足口病は登園できますか

手足口病は登園できますか

 手足口病は、手の平や足の裏に、小さな米粒の様な形の細長い赤いポツポツが出たり、唇の内側や舌に口内炎のような発疹ができる病気です。ウイルスが原因ですが、感染しても何も症状がでないことは多く、かかっているのに気づかず登園している人はたくさんいます。このため、たまたま症状のでた人だけを登園禁止にしても、感染防止効果に有効性はなく非現実的と国は考えています。ウイルスが原因と聞くと、人にうつしてはいけないと考えがちですが、手足口病は知らずにほとんどの人が子どもの間に感染して免疫をつけてきたことでもあり、『感染してはいけない病気ではない』と厚生労働省はホームページで広報しています。
 そんなわけで、手足口病の発疹だけで保育園や幼稚園を休むよう指示することは園も病院もなく、発疹があっても『発熱がなく、普段に食事がとれていれば(保育所における感染症対策ガイドライン 厚生労働省) P54』保育園に行けますし、『全身状態が安定していれば(学校において予防すべき感染症の解説 文部科学省)』幼稚園や学校に行けます。登園できないのは、水が飲めないほど口の中が痛むとか、38℃の熱があるときぐらいです。
 予防対策として、外から帰った後や食事の前、トイレの後やオムツ交換後の手洗いが大切です。
 手足口病が治って2~3か月後、忘れたころに爪が変形することがあります。自然と元のきれいな爪に生え変わりますので、放っておいて結構です。(手足口病後の爪変形・爪甲脱落症:国立感染症研究所

 
注目すべき感染症 手足口病 国立感染症研究所 2021年

2021-11-14 17:39:35

ウイルス