京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655 予約不要

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  ウイルス»  手足口病は登園できますか

手足口病は登園できますか

手足口病は登園できますか

 乳幼児に手足口病が増えており、2017年7月13日に東京都は、31のうち12の保健所で警報レベルを超え流行したと発表しました。手足口病では、手の平や足の裏に、米粒の様な形の細長い赤いポツポツが出ます。ほとんどは軽症ですが、口の中にできると痛みを伴うことがあるため水分が十分にとれていることに注意します。発疹があっても元気なら登園でき、制限するのは非現実的であると行政は公報しています。予防対策として、外から帰った後や食事の前、トイレの後やオムツ交換後の手洗いが大切です。
 手足口病は感染してはいけない病気ではなく、これまでほとんどの人が子どもの間にかかって免疫をつけてきました。感染してウイルスを排泄しているのに発疹は出ない場合があるため、発疹の現れた人だけを隔離しても感染対策とはならず非現実的と考えられています。このため、手足口病の登園に通常制限はなく、『発熱がなく、普段の食事ができること(保育所における感染症対策ガイドライン 厚生労働省)』、『全身状態が安定している場合は登校(園)可能(学校において予防すべき感染症の解説 文部科学省)』とされています。つまり、熱がなく食事がとれて元気なら、口や手足に発疹があっても登園できます。発疹はなくウイルスを排泄している人が、知らずに登園しているように。
 

※ 大田区保健所メール、川崎市感染症情報のメール配信サービス、厚生労働省、国立感染症研究所のサイトを引用し、一部改変してあります。

手足口病に関するQ&A 厚生労働省

注目すべき感染症 手足口病 国立感染症研究所 2017年第23号

手足口病が流行、都内で警報基準を超える 東京都福祉保健局

2017-07-16 11:42:49

ウイルス