京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  アトピー性皮膚炎»  アトピーの色素沈着

アトピーの色素沈着

アトピーの色素沈着

 アトピーの首や肘の内側などのくすみやシミを、治った後の取れなくなった色素沈着と誤解していませんか。アトピーのくすみが日焼けの跡と違って自然と消えないのは、かゆみをはっきりと感じない程度の弱い炎症が持続しているからです。日焼けや火傷、ニキビの茶色い跡が1年前後かけて分からなくなるように、アトピーの褐色も塗り薬で炎症のない状態を作り続けると良くなります。
 色素沈着の原因である弱い炎症には、タクロリムス軟膏(プロトピック軟膏®)が効果的。ずっと塗ってもステロイドの様な副作用は出ません。2週間ほど塗るとうっすらとクスミが明るくなり、半年、1年と塗り続けると色素沈着は目立たなく、分かりにくくなります。このときのポイントは、べとべと広めに塗ること。ほとんどの方の塗り方は薄く、あるいは保湿剤と重ねて塗っており、それだと有効成分が十分に肌に届かず、思っているような効果は得られません。顔と首、腕と上半身の広い範囲に塗りますと1日1本使いますので、1か月に30本塗って良くする方もいらっしゃいます。タクロリムス(プロトピック®)は全身どこにでも塗れ、まぶたはその効果を実感しやすい場所です。まぶたの皮膚は薄く薬の吸収が良いからで、くすみと小じわが取れて目元がすっきりします。そして、髪の毛が触れてもチクチク痛痒くなくなり、無意識に手が行かなくなります。タクロリムス(プロトピック®)を塗ったところが火照ったりかゆくなるときは、ザラザラしたり赤みをステロイドであらかじめ良くしてから使います。
 色素沈着は、ステロイドを塗って日に当たったからなったわけではありません。治療が中途半端であったり、全く治療しなかった場合に見られる現象です(厚生労働省研究班「アトピー性皮膚炎の既存治療法のEBMによる評価と有用な治療法の普及」一般向けQ&A)。
 アトピーについて詳しくはこちら

アトピーを蒲田の皮膚科で治す

2018-04-01 06:40:43

アトピー性皮膚炎