京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  アトピー性皮膚炎»  アトピーの注射 デュピルマブ

アトピーの注射 デュピルマブ

アトピーの注射 デュピルマブ

 注射のデュピルマブは、 激しいかゆみと全身の発疹を速やかに良くする新しい薬です。最初打つと3日目から楽になり始め、4か月の時点で発疹が1割まで減る人は4割弱。注射なのに肌がしっとりし、内臓への負担や抵抗力を落とす副作用がないのも特長です。15才から使え、未成年の方は保護者とご一緒に受診してください。注意する点としては、喘息治療中の方は、注射開始後一時的に喘息の症状が無くなっても内科受診を止めずに続ける必要があります。また、一時的に結膜炎になることがありますが、目薬で治る程度の軽さです。
 良く効きますが、注射するにはいくつか決まりがあります。まず、2割の皮疹は良くなり切らないため塗り薬の併用が必須です(※ 詳しくは文末の補足をお読み下さい)。さらに、顔や首あるいはある程度の範囲に激しい皮疹があるといった皮膚科学的要件も満たす必要があります。このような条件を満たさないと、激しい症状があっても受診当日に注射を打つことができず、条件が満たされるのを待って後日注射をすることもあります。いつまで注射を続けるか、止めるとどうなるか、打ったり打たなかったりできるかについては医師にお尋ねください。
 費用は、2週ごとの注射代は3割負担の方で1回約2万5千円、初回のみ2倍の量を投与するため約5万円かかります。ご加入の健康保険によっては、付加給付により月の自己負担額が2万円から2万5千円で済みます(詳しくはこちらをご覧ください)。現金のみのお支払いで、あいにくカードは扱っていません。引っ越しなどにより当院でデュピクセントの継続をお考えの方は、治療継続に必要な『投与開始時の、前治療要件と疾患活動性の数値』が書かれた診療情報提供書(いわゆる紹介状)をご用意ください。自己注射も、導入前に2回以上の説明を受けるなどの決まりを満たせば、必要な資材は提供しますので行えます。
 同じくらい効く飲み薬に、1週間約1,500円とより手ごろなシクロスポリンがあります。3~5日飲むと効果が実感できますので、その後は毎日飲むことも、悪い時だけ飲むこともできます。副作用として腎臓への負担と高血圧がありますが、40歳代までの方が数週間飲んで副作用が出ることはまずありません。毎日3か月連続して飲んだら2週間休むよう勧められています。飲み薬のシクロスポリンから注射のデュピルマブに変えることも、その逆もできます。
 現在開発中のアトピーの薬は、全世界で70あると言われています。そのうちの一つの塗り薬は、治りにくい発疹の7割が僅か4週で良くなり、現在申請中ですので近々使えるようになると期待されています。
 アトピーについて詳しくはこちら

 1年間で支払った医療費の総額が10万円(総所得金額が200万円未満の方は総所得金額の5%)を超えると、医療費の控除が確定申告をすると受けられます。確定申告には領収書が必要で、再交付できませんので無くさないようにしてください。詳しくは、最寄りの税務署にお尋ねください。

※ 補足 日本皮膚科学会のガイドラインに準拠した、標準治療を受けていることが必須です(厚生労働省の最適使用推進ガイドラインに記載されています)。提供されていない場合はご説明しますので、標準治療を理解していることが必要です。最初の1回でぐんと良くなり、2回目はそれ程良くならず、3回目は『これ以上良くならない』と感じる効き方をします。良くならない部分は、ステロイドとタクロリムスの塗り薬を使い分けて治します。

2019-02-20 16:00:27

アトピー性皮膚炎