京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  アトピー性皮膚炎»  アトピーの注射 デュピルマブ(デュピクセント)

アトピーの注射 デュピルマブ(デュピクセント)

アトピーの注射 デュピルマブ(デュピクセント)

【よく効くのに内臓への負担がない】 注射のデュピルマブ(デュピクセント)は、 激しいかゆみと激しい発疹を速やかに良くします。最初打つと3日目から楽になり始め、2週間ごとに注射を続けると、4か月の時点で発疹が1割まで減る人は4割弱。優れた効果に加え注射なのに肌がしっとりし、内臓への負担や抵抗力を落とす副作用がないのも特長です。15才から使え、未成年の方は保護者とご一緒に受診してください。注意する点としては、喘息治療中の方は、注射開始後一時的に喘息の症状が無くなっても内科受診を止めずに続ける必要があります。また、注射を始めて何か月もたってから結膜炎になることがあります。多くは一時的な目のむずがゆさ程度の軽さですが、まれに目が赤くなりゴロゴロし眼科にかかっても何週間も治らないこともあります。

【よく効くが対症療法】 良く効きますが、対症療法であり病気を根本から治す薬ではありません。このため、2割の皮疹は良くなり切らず、塗り薬の併用が必須です
日本皮膚科学会のガイドラインに準拠した、標準治療を受けていることが必須です(厚生労働省の最適使用推進ガイドラインに記載されています)。提供されていない場合は、標準治療をご説明しますので、その旨をお申し付けください。最初の1回でぐんと良くなり、2回目はそれ程良くならず、3回目は『これ以上良くならない』と感じる効き方をします。良くならない部分は、ステロイドとタクロリムスの塗り薬を使い分けて治します。

【注射を打てる条件・受診当日に用意するもの・いつまで打つか】 注射を打つには、顔や首あるいはある程度の範囲に激しい皮疹があり、適切な外用療法が施されているといった皮膚科学的要件を満たす必要があります。このような条件を満たさないと、激しい症状があっても受診当日に注射を打てず、条件が満たされるのを待って後日注射をすることもあります。いつまで注射を続けるか、止めるとどうなるか、打ったり打たなかったりできるかについては医師にお尋ねください。
 塗っている薬の名前が分かるものをお持ちください。薬手帳、薬局でもらった説明書、無ければ今あるチューブや容器でも結構です。予約は不要で、条件を満たせば受診当日に注射しています。注射ができるかどうかなど、電話でのお問い合わせにはあいにく応じておりません。​

【注射は痛いか】 思ったほど痛くなかったという人が多いように感じますが、同じ人でも痛い日が稀にあります。どういうときに痛みが強いかはっきりしませんが、冷蔵庫から出してすぐ注射するのと、室温に戻してからと何人かの人で比べたら、痛さは同じとほぼ全員が答えましたので温度は痛さにそれほど影響しないようです。インフルエンザの予防接種と同じくらいの痛さだと思いますが、それより薬の量は多く打っている時間は長いです。多くの人は腕に打ちますが、おへその回りが良いという人や、太ももが良いという人もいます。打つ場所はこの3か所と決まっています。

【高額な薬代】 費用は、2週ごとの注射代は3割負担の方で1回約2万5千円、初回のみ2倍の量を投与するため約5万円かかります。ご加入の健康保険によっては、付加給付により自己負担額の一部が戻ってきます(詳しくはこちらをご覧ください)。カードはあいにく扱っておらず、お支払いは現金のみです。

 始めた高い注射を止めるため、2週ごとに注射し薬も塗って下さい】 半年1年と注射を打って止めるには、楽になっても2週間の注射間隔を守り、ステロイドで良くした後もタクロリムスや保湿剤を6か月間続け、ザラザラや赤みのない状態を維持する必要があります。この2つを約6か月やったら止めてみましょうと、厚生労働省の最適使用推進ガイドラインに書かれています。当院で注射を止められた人も、良くなってから更に6か月2週間ごとに注射を打ち、かゆみや発疹があったが良くなったところにタクロリムスを、それ以外の全身に保湿剤を塗り続けました。それをしなかった人は、止めたら1か月半後に元に戻り再び注射を打ちたいとおっしゃいました。
 注射をする前より楽だからといって注射の間隔を3週間や1か月に1回に延ばしたり、かゆくないからといって良くなったところに薬を塗らないと、いつまでたっても注射を止められずに高いお金を払い続けることになります。それは、2週毎に注射だけを1年続けても徐々に良くはなりきらず、塗り薬を適正に塗らないと2割の皮疹は治らなかったことより明らかにされています。また、注射の間隔を空けると薬が効きにくくなるからでもあります。もしも薬が効かなくなっても、デュピルマブ(デュピクセント)に代わる薬はありません。
 注射1本83,000円の7割は、しばしば指摘されますが税金などで賄われています。このような医療制度をもつ国は日本だけで、海外では国が保険適応を認可しないか、デュピルマブ(デュピクセント)をカバーする掛け金が高額な医療保険に個人で加入するか、全額自腹を切らないと受けられない治療です。「健康な毎日を過ごせるように」、との願いの込められた限りある公的資金を賢く使いたいものです。

【自己注射による治療の効率化】 ご自身や家族が自宅で注射する自己注射により、通院頻度を減らせるため多くの方が活用しています。診察室でできるまで練習し、必要な資材は無料で提供します。自己注射の開始時期は医師が判断し、塗り薬により発疹がほどんど良くなった頃が目安です。『良くなり、来れないから3か月下さい』といえば自己注射できるとネットで読んだとしても、それだけの理由で自己注射は認められず、3か月分も保険は適正と認めておらず、当院ではお引き受けできかねますことをご理解ください。注射は処方箋を使って調剤薬局で受け取り、受け取った薬は専用の保冷バッグにいれて持ち帰ります。このとき、調剤薬局は一旦取り寄せると返品できない注射を、患者さんが取りに来ず損失となることを恐れますので、行きつけの調剤薬局に取り寄せてもらえることを事前にご自身でご確認下さい。万一、調剤薬局が取り扱わないようなら、院内でお渡しします。塗り薬は、2か月もつだけの量を処方します。
 受け取った注射は冷蔵庫で保管しますが、常温で長期間放置しない限り効果は失われないようです。建物の点検などで停電が予定される際は、念のため保冷剤で冷やしておいて下さい。一旦受け取った薬剤の返品は、天災を含め理由の如何にかかわらずお受けできませんことを予めご了承ください。
 病変部位の状態に応じて抗炎症外用剤を併用し、保湿外用剤を継続使用し、疾患の患者に対する診療を日常の診療において行っていることが自己注射の条件と明記されています。


【病院をかえるときは紹介状をご用意しています】 引っ越しなどで別の病院でデュピルマブ(デュピクセント)を継続する際は、診療情報提供書(いわゆる紹介状)を当院では書いています。次かかる病院が、薬代を保険請求するのに『投与開始時の、治療要件と疾患活動性の数値』を必要とするからです。

【デュピルマブ(デュピクセント)ほど高くない、激しい症状用の飲み薬】 1週間約1,500円とより手ごろなシクロスポリンも、塗り薬で良くならない辛い症状に効果があります。3~5日飲むと効果が実感できますので、その後は毎日飲むことも、悪い時だけ飲むこともできます。副作用として腎臓への負担と高血圧がありますが、40歳代までの方が数週間飲んで副作用が出ることはまずありません。また、菌への抵抗力は弱める方に働きますので、風邪気味だったり体調が悪い時には止めてください。このようなときに飲み続けると、突然38℃の熱が出たりします。毎日3か月連続して飲んだら2週間休むよう勧められています。飲み薬のシクロスポリンから注射のデュピルマブ(デュピクセント)に変えることも、その逆もできます。

● アトピーについて詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎に10年ぶりの新薬 その実力は? 日経ヘルスUP

アトピー性皮膚炎は注射でかゆみを劇的に軽減 10年ぶり「新薬」の実力とは? Aera.dot

難治アトピーに初のバイオ医薬品 適切な治療法、改善への第一歩 産経新聞

アトピー新薬の効果高いが…未来を変えるアンメット・メディカル・ニーズ最前線 日経ヘルスUP

アトピーと生きるということ 「心の持ちよう」という薬(生後2か月からアトピーの記者の手記) 朝日新聞

アトピー新薬を記者が使う 生活は改善も高い注射代 日経スタイル
 

2019-02-20 16:00:27

アトピー性皮膚炎