京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655

rss

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
HOME»  皮膚科医療ブログ»  アトピー性皮膚炎»  毎日夜起こされる、激しいかゆみに効くアトピーの注射:ミチーガ(ネモリズマブ)

毎日夜起こされる、激しいかゆみに効くアトピーの注射:ミチーガ(ネモリズマブ)

毎日夜起こされる、激しいかゆみに効くアトピーの注射:ミチーガ(ネモリズマブ)

 アトピーのかゆみが激しく毎日夜起こされるのに、赤みやガサガサはそれほど目立たない状態には、注射ミチーガ(ネモリズマブ)が効果的です。この注射は、いくつかあるかゆみ経路のうち、IL-31という経路を遮断してかゆみに働きます。即効性も特長で、早いと注射翌日に効果を感じます。4週ごとに最低6か月を目安に打ち、かゆみが激しい時だけ、打ちたい時だけ不定期には注射できません。3割負担の注射代は1回約3万5千円で(現金払いのみ)、13歳以上に投与できます。自己注射はできません。
 この注射を打つには様々な制約があり*今まで使った飲み薬と塗り薬の種類と量、期間が条件を満たしていることを、薬手帳などで確認する必要があります。この条件を満たさないと、かゆみが激しくても注射はできません。注射が打てるかどうかをお答えするには診察が必要ですので、受付時間内にご来院ください。電話では、あいにくお答えできません。未成年の患者さんは、保護者の方が同伴ください。
 診察を受けミチーガ(ネモリズマブ)投与が適当と判断された場合は、なるべく当日注射ができるようにしてあります。しかし、在庫をあいにく切らした場合は、後日の注射とならざるを得ませんことを予めご了承ください。また、注射で良くなっても、ステロイド以外のプロトピック(タクロリムス)軟膏やコレクチム(デルゴシチニブ)軟膏などの抗炎症剤や、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)などの保湿剤を適切に塗り続ける決まりがあります。
 飲み薬の免疫抑制剤シクロスポリン(1日薬価約80円)も、激しいかゆみに一定の効果があり有用です。ミチーガ(ネモリズマブ)と同様、IL-31を介したかゆみ経路に作用すると考えられています。
 かゆみに加え発疹も激しいアトピーには、デュピクセントという別の注射を使います。詳しくはこちら
* 最適使用推進ガイドライン:厚生労働省

● アトピーについて詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎のかゆみ抑える薬 京大など治験で効果 朝日新聞
かゆみを標的にしたアトピー性皮膚炎の新規治療薬の有効性を確認  京都大学
世界初、かゆみを標的にしたアトピー性皮膚炎の新たな治療戦略 京都大学

2022-09-10 18:43:49

アトピー性皮膚炎