京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655
※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

帯状疱疹と神経痛

帯状疱疹

◆ 原因と予防 痛みと水疱を生じ、子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスが引き起こす病気です。水ぼうそうが治った後も、ウイルスはどなたでも神経の根本に残っています。その体の中にいるウイルスが、再び神経を伝わって出てきたのが帯状疱疹です。帯状疱疹になったが、水ぼうそうにかかっていないとおっっしゃる方がいらっしゃいます。このような方も水ぼうそうにかかっているのですが、軽く済み発熱もはっきりせず虫刺されと区別がつかなかったたためそれと気がつかなかったものと思われます。主要な原因は年齢で、水ぼうそうにかかってから年月が経ち、免疫がウイルスにかかったことを忘れて低下することにあります(低下した免疫力は帯状疱疹の原因ウイルスに限ったもので、他の免疫力は低下していません)。したがって、年をとってからもう一度体の中にウイルスを入れると、再び免疫が活性化し帯状疱疹になりにくくなります。これが帯状疱疹の予防ワクチンの原理で、ワクチンが認可されてから帯状疱疹は予防できる病気になりました。その他、発症に関わる要素として、大きな病気や、手術、仕事による疲れ、睡眠不足も関係することがあります。その一方で、はっきりとした原因無く普段と変わりなく過ごしているにも関わらず、若い方や小児が帯状疱疹になることもあります。
 水ぼうそうのワクチンを打った人は、通常帯状疱疹にはなりません。

◆ 症状・診断・検査 チクチクとした痛みを伴う水疱が、体の半分だけに出るのが特徴です。出る場所は決まっておらず、全身のどこにでも出ます。このような症状があれば帯状疱疹を疑い、早めに皮膚科を受診してください。しかし実際の症状は様々で、帯状疱疹かどうか迷うことは少なくありません。痛みについては、初期には無いこともかゆいこともあります。このような場合は、虫刺されや、腰痛だと思って貼った湿布かぶれと区別できないことがあります。
 また、発疹より先に痛みだけ出ることがあります。神経痛のようなあるいは激しい痛みだけが、数日から2週間続いた後に発疹が出たり、発疹が出ていたことに気づくことがあります。このような場合は、内臓の病気と区別がつかず、脳外科や内科、整形外科にかかり検査を受けたが異常が見つからず、発疹が確認されて初めて帯状疱疹と診断がつくわけです。帯状疱疹は1回の血液検査で直ぐ分かる病気ではありませんので、痛みが先行した場合には様々な可能性を考えて診察します。痛みイコール帯状疱疹の前兆とは限りませんので、発疹が出なければ痛みだけで帯状疱疹の飲み薬をだすこともできません。
 症状から帯状疱疹かどうかはっきりしない場合は、水疱があれば、それを擦ってその場で結果が分かる、インフルエンザのときに鼻でやるような検査が役立ちます。
 稀に起こる特殊な症状として、帯状疱疹になった部分の運動神経麻痺があります。例えば、鼻の先端や耳に起こると顔面神経麻痺を来すことがあり、片側だけ目が閉じなくなったり、歯を磨いた後に口をゆすごうとすると水が流れ落ちたりします。また、尾てい骨や陰部では尿や便が出にくくなることが、お腹では筋肉が緩んでお腹がふくらむことがあります。皮膚科医は帯状疱疹に伴うこれらの症状を診察すると、専門とする領域の診療科に診療情報提供書を書いて検査や治療を依頼します。日本皮膚科学会のサイトも参考にされてください。

◆ 治療 このように症状から帯状疱疹と分かったら、水ぼうそうのウイルスの増殖を抑える効果のある抗ウイルス薬を7日間内服します。飲み薬には何種類かあります。①の薬は症状をより速やかに穏やかにし、ウイルスに効果的に作用しますがジェネリックがまだなく高価です。②以下の腎臓から排泄されるタイプでは、腎臓が悪い方や高齢者では、薬が体の中に貯まったときにでる眠さなどに注意が必要です。
 痛みにはその程度に応じた薬を選び、通常の痛みにはカロナールやロキソニンなどの鎮痛剤で対処します。抗ウイルス薬を1週間飲んでも、かさぶたなどの皮疹と薬を飲むほどでもない軽い痛みは残っていることが殆どです。しかし、飲み薬によりウイルスの活性は無くなっていますので、さらに2~4週ほど皮疹や痛みが落ち着くのを待ちます。症状に応じ、補助的に抗ウイルス薬以外の飲み薬や付け薬を使うこともあります。特別な理由なく、落ち着くのに1か月以上かかることがあります。
 最初の1週間程度は、睡眠不足となる勤務を避けるなど体を休めるよう心掛けてください。体力のある壮年期の方でも、連日深夜まで働いたり、早朝と深夜のシフト制だったり、海外出張が続くなどして体を休めないと、薬を飲んでも激しい痛みを伴って新しい発疹が出続けるなど、治りにくいことが経験されます。

帯状疱疹の飲み薬(抗ウイルス剤)の、3割の方の自己負担額は以下の通りです。

  薬の一般名   先発品 後発品 販売開始
アメナビル 1日1回 7日分 約6,200円 無し 2017年
ファムシクロビル 1日3回 7日分 約6,200円 約2,600円 2008年
バラシクロビル 1日3回 7日分 約5,100円 約2,400円 2000年
アシクロビル 1日5回 7日分 約7,400円 約1,200円 1988年

 
①は原因ウイルスを大本で止めるため、他の薬には無い優れた効果が特長。腎臓への負担も少なく、高齢者にも使い易い。
②は③に比べると、腎臓への負担がやや少ない。
④は値段は安いが、1日5回飲まなければならない。

◆ 痛みが激しい時 通常の痛み止め(カロナール、ロキソニン等)を飲んでも痛みで夜眠れないときは、うつ状態に使う薬(トリプタノール等)や疼痛治療剤(リリカ、タリ―ジェ、トラマール、トラムセット)が効きます。このような薬は痛みの原因に働くわけではありませんが、痛くない状態を作ると治りやすく、薬を止めても痛くなくなることが経験的に知られています。ですから、強い薬だと嫌厭するのは得策ではありません。痛みに応じて薬の量を加減し、量が多過ぎると眠くなったりふらつくなどの副作用がでます。効く量とふらつく量は人により差がありますので、少量から徐々に増やしていきます。
 痛みが長引いてもウイルスが残っていることが原因ではなく、抗ウイルス剤を長期に飲んでも痛みに効果はありません。

◆ 予防ワクチン 帯状疱疹は80歳までに3人に1人、85歳までに約半数がかかるご高齢の方に多い病気です。年をとってからの帯状疱疹は、思いのほか激しい痛みに苦労されることが少なくなく、高齢化が進むなか課題となってきました。帯状疱疹にならない、なっても激しい痛みのない健やかな毎日を送れるよう、50歳以上の方には帯状疱疹の予防ワクチン(6,000円 予約不要 詳しくはこちら)が認可されています。帯状疱疹になり易くなり、痛みに悩まされることも増える、60才以上の方への接種を専門家は勧めています。

◆ 他人への感染 帯状疱疹の水疱には、水ぼうそうのウイルスがいますので、水ぼうそうにかかったこともワクチンを打ったこともない抵抗力を持たない人には、水ぼうそうとしてうつる可能性があります。しかし実際には、多くの成人は既に抵抗力を持っており、また水ぼうそうと異なり帯状疱疹の人の口からは周囲にウイルスが飛び散ることもありません。このため、帯状疱疹の人の回りで水ぼうそうが発症することはきわめてまれです。ただし、お子さんや妊婦さんがいる環境などでは配慮が必要です。幼稚園や保育園における対応は、文部科学省や厚生労働省のガイドラインに従います。発疹はかさぶたになると、ウイルスがいなくなります。
 厚生労働省 保育所における感染対策ガイドライン 2018年改訂版(P60)
 日本学校保険協会 学校において予防すべき感染症の解説(P55)   

◆ 再発 帯状疱疹は1回しかかからないことが殆どですが、健康上の問題なく繰り返すことが稀にあります。繰り返すとしても何年も後の話で、治って数週間~数か月してまた出てくることはありません。見かけは似ているが、帯状疱疹とは異なり年に何回か繰り返す病気に単純疱疹があり、できた水疱を検査すると単純疱疹かどうかが分かります。
 帯状疱疹は2度やらないとは言え、人生100才時代ですから10~30才に若くして帯状疱疹になった人は、50年たって80歳になったらもう一度帯状疱疹になるかもしれません。万一のことを考えるなら、60才位になったら予防ワクチンを打てば安心です。

帯状疱疹の多い季節 帯状疱疹は夏に多く、それは水ぼうそうが夏は少ないからです。夏にウイルスにさらされる機会が減ると、水ぼうそうのウイルスに対する免疫力が刺激されずに弱まり、抑えきれなくなったウイルスが体の中で増えて帯状疱疹になりやすくなります。

最近若い人にも帯状疱疹が増えた理由
 水ぼうそうのワクチンを全ての人に打ち水ぼうそうが減った海外では、帯状疱疹が増えました。日本でも、H26年に水ぼうそうのワクチンを1歳になると全員打つことになり、水ぼうそうが激減し環境中の水ぼうそうのウイルスにさらされる機会が減りました。これに伴い、今後帯状疱疹は増えると考えられています。
急増中!帯状ほう疹 NHK ためしてガッテン

Q 汁が付くと、皮膚から皮膚にうつりますか。
A 帯状疱疹や水ぼうそうのウイルスは皮膚から皮膚にうつることは出来ず、汁がついても皮疹は拡大しません。目のまわりの皮疹にいるウイルスが、目の中にうつることもできません。

Q 人にうつりますか。学校や保育園、幼稚園に行けますか。孫に会えますか。
A 成人の殆どは既に水ぼうそうにかかったことがあるか、水ぼうそうのワクチンを打ちウイルスに対する抵抗力を持っていますので、人への感染に特別な注意を払う必要はありません。ただし、水ぼうそうにかかったこともワクチンを打ったことも無い子供には、水ぼうそうとしてうつる可能性があります。しかし、帯状疱疹の水疱にウイルスがいても、水ぼうそうのように口から大量のウイルスが出て空気中に飛び散ることはありませんので、実際には帯状疱疹の人と接して水ぼうそうになることはありません。

 かさぶたになれば他人への感染力は無くなりますので、それまでは念のためお孫さんなど小さなお子さんと接しないよう配慮される方が多い様に思います。保育園、幼稚園や学校に関しては、厚生労働省 保育所における感染症対策ガイドライン(P60)や日本学校保険協会 学校において予防すべき感染症の解説(P55)を参照ください。
 
Q お父さんが帯状疱疹になりましたが、まだワクチンを打てない0歳の子に水ぼうそうとしてうつりますか。
A 水ぼうそうになった家族から水ぼうそうとしてうつることはしばしばありますが、家族の帯状疱疹から水ぼうそうとしてうつることはまず経験されません。ただし、うつる可能性はありますので、もし万全を期すのなら、お父さんはかさぶたになるまで可哀想ですが別の部屋に隔離ですね。

Q 痛みだけの帯状疱疹はありますか。
A 痛みだけの帯状疱疹もあるとされていますが、帯状疱疹が原因の痛みかどうか分かる方法はありません。また、発疹の無い痛みに帯状疱疹の薬を試しに処方することも保険で認められていません。実際の対処法は、念のため内科や整形外科などで帯状疱疹以外の病気のきざしがないかみてもらうことと、発疹が出たら一度かかっていても皮膚科を受診することです。発疹は、帯状疱疹なら痛みが始まって多くは数日、稀ながら2週間程度で出ます。それまでの間は、痛み止めの薬を飲むなどして慎重に様子をみます。背中や太ももの裏など目の届きにくいところの発疹は、出ていても気づきにくいのでご家族に見てもらってください。

Q 痛みは何日くらいで治りますか。温めた方が良いですか。
A 60歳以下の方なら1~2週間で、60歳以上の方は1か月が一つの目安です。しかし、3か月たっても1~5%の方は痛みがとれず、その多くは70~80歳代の方です。激しい痛みは、帯状疱疹になって何日かたってから起こることもあります。痛みは、お風呂に入るなど温まると和らぐことがあります。

Q 早期に帯状疱疹と気づくためには、何に注意したらよいですか。
A 痛みを伴う皮疹が、体や頭の半分だけに出たら帯状疱疹を疑います。皮疹は初期には目立たず、特に自分では見えない体の後ろから始まると、前に出てくるまで気がつかずに数日過ごすこともあります。そのため、背中や腰などに皮疹がないか家族に見てもらうのも良いと思います。
 痛い病気と知られていますが、初期には虫刺されと区別できないかゆい皮疹のこともありますので注意が必要です。また、痛みだけが先行し皮疹が見つからないと、皮疹が出るまで帯状疱疹と診断することは皮膚科医でも困難です。このような場合は、皮疹が出てこないか2~3日後に再評価したり、帯状疱疹以外の可能性も考え他科も同時に受診いただくなど慎重に対応します。

Q 二回かかることはありますか。
A 二回かかる方が約1~3%いらっしゃいますが、多くは健康で抵抗力が弱かったり大きな病気はありません。ごくまれに、免疫不全など無く日常生活を健康に送っている方が、二回以上繰り返すことが知られています。

Q 上司に「勤務できる仕事の内容か聞いてくるよう」言われました。仕事は休んだ方がいいですか。診断書は書いてもらえますか。
A 従事できる仕事かどうかは、雇用主が最終判断する事柄です。医師は、帯状疱疹にかかった人が働いて良いかどうかを指示する立場になく、帯状疱疹の就労制限に関わる法令や基準もありません。
 勤務の可否を、事業者は次の① ②のような病気の性格や実情を参考に判断していると思います。① 感染力は弱く、水ぼうそうとしてうつることは通常起こらず、ほとんどの患者さんは制限なく社会生活をおくっている。② 幼児や妊婦さんと接する 保育士さんなどは、発疹がかさぶたになるまでの5~10日程度は幼児や妊婦さんと接する業務を避けている。患者さんの話を伺っていると、不特定多数の顧客と密に接する一部の業務では、会社の判断でかさぶたになるまでの数日間休んだり、差しさわりのない業務に変更することが時にあるように感じます。
 『休んだ方が良いですか』と聞かれることがありますが、事情の如何に関わらず帯状疱疹は会社を休むよう医師が指示できる病気ではありません。休む場合、会社の判断で休むのか従業員の自主性によるのかは労使間でご確認ください。
 診断書はお申し出があれば書いていますが、 仕事をするうえで大切でも 、「何月何日から勤務できる」とか「何日で治る」といった予測できないことは書けません。病名と受診日は記載できます。診断書は保険がきかず、その費用負担については会社にお尋ねください。
 辛いのに休めないなどこれで解決できない場合は、患者が医師に尋ねるのではなく、事業主は社会保険労務士などへ、患者は労働基準監督署や傷病手当金を扱う全国健康保険協会などへの相談を検討されてはいかがでしょう。

帯状疱疹後神経痛

 帯状疱疹になってから、およそ3か月たっても痛みがとれないものをいいます。
 痛みの程度は様々で、むずむずと虫が這った様な痛がゆさ、風が吹いたときのピリピリ感などを訴える方が殆どです。このようなときの飲み薬として、体に負担の少ないメチコバールとノイロトロピンがあります。しかし、中には重症な方もいらっしゃり、内臓を握りつかまれた様な何とも形容しがたい重苦しさや、釘でえぐられ気絶しそうになるほどの突然襲ってくる痛みに悩まされることもあります。 このようなそれまで経験したことの無い激しい痛みは、心臓の病気や癌による痛みなどと同様に精神的に大きな負担となります。
 治療には、トリプタノールやデプロメールといった抗うつ薬、リリカに代表される疼痛治療剤、トラマールなどの麻薬性鎮痛薬が有効です。ふらつきなどの副作用に注意しながら、少ない量より飲み始めると楽になり、夜痛みで目が覚めることも無くなります。これらの薬は痛みを止めるだけの対症療法ですが、薬を止められることも稀ではありませんので、強い薬だと思って嫌厭し、痛みを我慢し続けるのは得策ではありません。ご高齢の方も、安全に長期に使っています。
 ご高齢の方は帯状疱疹に伴う長期の痛みにしばしば悩まされるため、50歳以上の方を対象に帯状疱疹の予防ワクチン(6,000円 予約不要)が認可されています。

Q 抗ウイルス剤を処方された7日よりも長期間飲むと、痛みは取れますか。
A 原因はウイルスが残っていることではなく、ウイルスによる神経の障害ですので、抗ウイルス剤を長期間内服しても痛みには効きません。

Q 最初あった痛みが落ち着いたと思ったら、その10日後に痛くなりました。
A 時に、ご高齢の方では後になってから痛みが出ることがあります。しかし、帯状疱疹のウイルスが再び勢いづいたわけではありませんので、痛みの治療をします。

Q お腹の中が痛みますが、内臓も帯状疱疹にかかるのですか。
A 痛みが中から来ているように感じるだけで、内臓に異常はありません。日常生活を送っている健康な方が、ウイルスにより内臓に障害を受けることは通常ありません。

Q 予防ワクチンは受けた方が良いですか。
A 80才までに1/3の方が帯状疱疹になり、高齢になると発症しやすくなります。さらに、高齢者の症状は激しく、発疹は広範囲に出現し、激しい痛みに何か月も悩まされる傾向があります。ワクチンは、赤ちゃんも打っている水ぼうそうのワクチンと同じもので、海外の例を見ても重い副作用はありません。効果と安全性の高さから、専門家は60歳以上の方への接種を勧めています。効果は10年以上もちます。

Blog:帯状疱疹の予防ワクチン 
 
▲Topヘ