京急蒲田駅直結の皮膚科、たけうち皮フ科クリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-10-14 あすとウィズ3階
TEL 03-3734-1655
※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

赤ちゃん・幼児の肌(新生児・乳児・小児皮膚科)

 目次 
Q 保湿剤を塗ると肌に良いのですか?
Q 生後1か月なのに頭の黄色いフケがとれません
Q 1か月健診の時にあった顔や体のあちこちのカサカサや湿疹が、いつまでも繰り返します。
Q 保湿剤を全身に塗り、その後ステロイドを重ね塗りしたので良いですか。
Q 血液検査で、食べてはいけないものが分かると聞きました。
Q 妊娠中の食べ物が原因?
Q 食べたら口の回りが赤くなりました。
Q 病院で時々塗り薬をもらいますがアトピーですか。いつになったら、アトピーかどうかわかりますか。
Q 親の私がアトピーです。
Q 指の乾燥が治りません。
◆ おむつかぶれ
◆ 炊飯器の湯気による火傷
◆ 虫刺され
◆ アザ できもの

Q 保湿剤を塗ると肌に良いのですか?
A ご家族にアトピーの方がいらっしゃる生まれたての赤ちゃんに、保湿剤を顔と耳を含める全身に塗ったら、何も塗らない赤ちゃんよりもアトピーになりにくかったという研究結果より、そのような赤ちゃんには保湿剤を塗ると良いことが明らかにされています。湿疹を繰り返しやすい子に保湿剤を塗ることは以前より大切とされており、アトピーでもおむつの中だけは生まれた時と同じきれいな肌のままであることはよく知られていました。
 保湿剤は一見正常な肌に塗ります。ごく軽い湿疹・皮膚炎は保湿剤で治ることがありますが、塗っても良くなる様子がはっきりしないければ、適宜ステロイドを使います。食べ物で荒れやすく、1日何度も拭く口の回りにはワセリンが好んで使われています。

赤ちゃんの洗い方
赤ちゃんの洗い方(看護師監修)

石鹸を使った顔の洗い方(動画) 幼児


Q 生後1か月なのに頭の黄色いフケがとれません
A 生後3か月までは頭や顔の脂が多く、フケやニキビになり易い時期です。頭の黄色いフケは単なる乾燥ではなく、皮膚の新陳代謝が活発なこの時期特有のフケの一種です。オリーブオイルやワセリン等でふやかしても取れにくい場合は、薬を塗って治します。
 頭のほかに汚れやすいところに、耳の後ろ、首回り、わきの下があります。特に、首回りは指を奥まで入れて、わきの下は皮膚のヒダの間まで石鹸を使って洗うと良いと小児皮膚科の大御所の先生がお話しており、その通りにやると確かにきれいになります。生後3か月を過ぎると、これらの部位の汚れやすさは無くなります。

Q 1か月健診の時にあった顔や体のあちこちのカサカサや湿疹が、いつまでも繰り返します。
A 赤ちゃんの治りにくい湿疹は成長とともに良くなり、4か月健診時に繰り返していた多くが、1歳半から2歳で良くなっていたとの調査があります。
 顔、肘の内側や手首、膝裏や足首などに繰り返すあせもや湿疹・皮膚炎は、軽ければワセリンや保湿剤、亜鉛華軟膏で治り、塗っていれば悪くなりません。しかし、それでも悪化する場合は、肌の健康のために個々の皮疹に合ったステロイドを使うことを考えても良いと思います。それまで何か月かあったかゆみや皮疹は、残念ながら1回だけの受診で完治するとは限らないため、折に触れ再診し皮膚の状態を評価することも大切です。
 治療のポイントは、皮疹ごとに良くなるに十分な強さのステロイドを弱過ぎず強過ぎず選ぶことと、良くなっても保湿剤やワセリンを塗り続けることです。ステロイドで良くしても3日後には元に戻る頬の赤いガサガサには、ガサガサの部分に1日2回のステロイドと顔を拭くごとにワセリン、赤くてもつるっとした部分には日に5~6回のワセリンを塗ります。このように、必要最小限度のステロイドと何回も塗るワセリンで悪化を阻止し、成長と共に良くなるのをサポートできます。
 ステロイドは、部位や年齢による皮膚の厚さや、湿疹・皮膚炎の程度によりその強さを使い分け、どの皮疹に何を塗るかがポイントです。赤くても表面がつるっとした点状の盛り上がらない発疹は、ステロイドを塗らなくても自然と治る傾向があります。一方、いつまでも治らない足首や手首のしわに沿ったカサカサや、気がつきにくい耳の裏のカサカサは、かゆくなくても皮膚炎ですのでステロイドを塗り、良くなってからも繰り返さないように保湿剤を続けます。指しゃぶりでタコになったのは、かゆくて歯で掻いている湿疹です。ステロイドを指に塗って治しますが、その指をしゃぶっても体内に入るステロイドの量は極めて少ないため全身への影響はありません。
 良くなっても保湿剤を塗り続けることは、良い状態を保つだけでなく、ステロイドの使用量を減らす効果もありますので大切です。顔はワセリンや、ワセリンを眼科用に精製したプロペトが、しっかり保湿でき汚れを寄せつけないので良く使われます。おむつの中に湿疹・皮膚炎ができにくいのは、そこがしっとりしているからです。おむつの中と似た湿疹・皮膚炎のできにくい状態を、全身の広い範囲に保湿剤を毎日たっぷり塗って作ります。夏でも保湿剤は湿疹・皮膚炎を起こさないために必要ですので、しっかり保湿するならワセリンやクリームタイプの保湿剤を、サラサラ感重視ならローションタイプの保湿剤を選びます。保湿剤は一見正常な肌に塗ります。カサついた肌に保湿剤を塗って良くなることはありますが、塗って赤くなったらそこは軽い皮膚炎であり保湿剤が肌に合わなかった訳ではありません。

Q 保湿剤を全身に塗り、その後ステロイドを重ね塗りしたので良いですか。
A 薬の塗る順番は専門家の間で意見が分かれており、大学病院によっても異なり重ね塗りするところと塗り分けるところの両方があります。病院でやる重ね塗りは、医師と看護師が保湿剤を全身に塗り、後からステロイドを上から塗ります。この方法は、皮膚科専門医が塗るべき発疹を見つけて看護師が時間をかけてべとべと全身に塗り、治療の質が自宅の塗り方と決定的に異なります。一方、塗り分けの優れた点は、薬の有効成分が湿疹にダイレクトに届くことです。
 どちらも正しいので、自分に合った方法を選んでください。重ね塗りをするとカサカサした湿疹が保湿剤でしっとりして分からなくなるので、ステロイドと保湿剤を塗り分けると良くなります。
 
Q 血液検査で、食べてはいけないものが分かると聞きました。
A 卵や牛乳、小麦などを血を採って調べられますが、反応ありと出たものを食べると必ず症状が出て、食べてはいけないものがはっきりするわけではありません。なぜなら、血と卵を試験管の中で混ぜて調べる血液検査は、卵が消化され血液に入り皮膚で反応する実際に体の中で起こっている反応を再現してはいないからです。食べ物アレルギーをはっきりさせ正しく対処するためには、食べた後何が起こったかよくお話を伺うことが何より大切です。血液検査は参考になる大切な検査ですが、検査結果だけで食べ物を制限するのは慎重であるべきと専門家は指摘しています。検査の意義については、よくわかる食物アレルギー(発行:日本アレルギー協会)のP15に詳しく書かれていますのでご参照ください。
 アレルギーを疑う症状としては、卵などを食べて数分から十数分の間に口のまわりから首にかけて赤いかゆみを生じ、30分くらいの間に治ってしまうのが典型です。このような症状がでたら、医師の指導のもと食べ物を一時的に制限することがありますが、ほぼ全てに近い方が年齢と共に消化機能が発達し食べられるようになります。
 あいにく当院では、血管が細く採血の難しい、小学生以下の血液検査を行っていません。

子供の食物アレルギー 離乳食を遅らせない・食物除去をしすぎない(NHK)

Q 妊娠中の食べ物が原因?
A 妊娠中や授乳中のお母さんの食べ物が、お子さんに影響を与えることはないとされています。それは、妊娠中や授乳中に食べても食べなくても、アレルギーの発症に差がなかったからです。それでは、なぜ初めて食べる離乳食でアレルギー症状が出るのかというと、ホコリに混ざっている卵の成分が荒れた肌に付いて反応すると考えられています。きれいに掃除をしている家でも、布団などのチリを調べると卵などの成分が見つかるんだそうです。

Q 食べたら口の回りが赤くなりました。
A ほのかに赤くなるだけで、首にかけて激しくかきむしるなどの重い症状がなければ、アレルギーではなく一過性の刺激のことがほとんどです。血液検査は大切ですが、それだけでは制限すべきアレルギーかどうかをはっきりさせる決め手にはなりません。診察のおおまかな流れとしては、小児のアレルギーに精通した医師の判断のもと必要に応じて参考となる検査が考慮され、少量より食べられることを確認します。根拠なく食べ物を制限すると体はかえって反応しやすくなり、食べ物に対するアレルギーの耐性(なりにくさ)は消化管で獲得されるという知見に基づき対処します。

Q 病院で時々塗り薬をもらいますがアトピーですか。いつになったら、アトピーかどうかわかりますか。
A 乳幼児がかゆみや湿疹を繰り返すことはよくあり、その中にはアトピーも含まれます。アトピーかどうかは、かゆみや肘の内側や膝の裏などに繰り返す湿疹などから判断しますが、このような典型的な症状が続かないとアトピーかどうかはっきりしないことがあります。血液検査だけではアトピーかどうかを知る手掛かりにならず、卵に反応ありと出てもアトピーかどうかは占えません。いずれであっても、そのままにしておくのは肌の健康上好ましくありませんので塗り薬で良くします。
 塗り薬を医師の診察のもと適切に続けていると、繰り返すかゆみやアトピーのほとんどは、成人と異なり徐々に良くなり治ってしまうことが明らかにされています。大人になっても治らないことは、むしろ稀です。自然に良くなるには、保湿剤とステロイド、その適応があれば2才以上にはタクロリムスの使い分けが大切です。このとき、調子が良くても手持ちの薬を絶やさないようにして下さい。
 繰り返すかゆみをアトピーと名付けられるかどうかはっきりさせることよりも、地道に薬を塗るほうが大切です。

Q 親の私がアトピーです。
A 遺伝はアトピーにある程度関与し、無関係ではありません。しかし、それだけではアトピーにはなりません。例えば、フィラグリンという物質の遺伝子が、アトピーの人ではしばしば乱れています。フィラグリンは保湿に携わる物質の一つですが、この遺伝子に乱れがないのにアトピーの人もいます。このようなことより、遺伝的背景だけがアトピーの原因ではないと考えられています。遺伝以外でアトピーに関わるものには、住む場所や気候、ストレスなどの環境因子があります。遺伝や環境因子のうちどれが一番大切とか、影響を与えやすいということは一定しておらず、ケースバイケースなのがアトピーです。実際、進学や就職、転勤などで引っ越すと急にアトピーになったり、治ったりすることはよく経験されます。遺伝だけが原因だったら、年齢とともにアトピーの人が減っていくのも説明がつきません。アトピーはかゆみを繰り返しやすい場所が肘の内側など決まっていますが  そういうところだけに遺伝子の乱れやアレルギーがあり、かゆくならないところには無いという成り立ちの病気ではないのです。フィラグリンの遺伝子の乱れは病的なものではなく、ほかの遺伝子にも似たようなものは誰にでもあり、個人差の一つと捉えられています。

Q 指の乾燥が治りません。
A カサカサは乾燥ではなく、ステロイドを塗って治す皮膚炎です。保湿剤では、調子が良くなっても治りません。なめて口に入ると良くないと誤解してステロイドを使わないと、もっと悪くなって治りにくくなることがあります。ステロイドを塗った指をなめても、ごくわずかな量であるため全身への影響はありませんので、しっかりと塗って完全に治すことが大切です。

 おむつかぶれ
 便や尿の刺激で肌が赤くなった状態です。おむつを交換できなかったり、便が緩いときに起こりやすいです。この様な時は、拭いたり流した後にワセリンなどべとべとしたものを塗り、尿や便が直接肌に付きにくくして予防します。軽いおむつかぶれは自然と治ることが多いですが、治りにくい時は亜鉛華軟膏を厚めに塗るのが効果的です(アメリカ皮膚科学会の動画に塗り方が出ています)。下痢が続き赤くジクジクになって痛々しい時は、一時的にステロイドを塗ると楽になりますが、同時にステロイドによって便の中にいるカンジダと呼ばれるカビが付きやすくなることに注意します。カンジダがいるかどうかは顕微鏡検査でその場で分かり、カビがいても塗り薬で速やかに治ります。

 虫刺され
 同じ虫に刺されても子供と大人では体の反応が異なるため、特に小さい子ではしこりとなって腫れることがありますが蚊アレルギーではありません。塗り薬は固くなったしこりの中まで届きませんので、塗ってすぐに引かなくても1週間程度で治ります。顔に刺されてまぶたが大きく腫れることがあっても、目への影響はありません。

 炊飯器の湯気による火傷
 何にでも興味を示すこの時期、大人が予想しない火傷の原因の一つに炊飯器があります。炊飯器から立ち上がる湯気を、小さいお子さんが「何だろう」と思って手をかざすと、深い火傷になることがあります。皮膚がまだ薄いことに加え、熱いとは思わずに触れ、熱いと分かっても俊敏に手を離せないことが影響します。炊飯器は、小さいお子さんの手の届かないところに置くようご配慮ください

 アザ できもの
 生まれた時や1か月健診の時などに説明を受けた後は、その後の経過を確認するため時期をみて皮膚科を受診しておくのも一法です。成長に従い蒙古斑のように消えてしまうものも、後から出てきても再び消えてしまうもの、消えないものなど今後の経過も様々です。専門の医療機関へのご案内も承ります。